安全に対して興味がある人におすすめ

工事現場

土壌汚染調査についていろいろと知ってみよう

現在、日本では土壌汚染対策法という法律があります。どういう法律なのか、土壌汚染調査の必要性はあるのかなどをお伝えしています。実際に調査する際の流れもご紹介するので、参考になるでしょう。

READ MORE
男性

REACH分析のことを徹底解明!適用範囲などを知っておこう

製造・輸入を行っている会社は、REACH分析について知っておかなくてはいけません。分析にかかる費用や、規制されている物質などをあらかじめ知っておくと、いざという時に慌てずに済みます。

READ MORE
工事現場

健康と環境を守るために!土壌汚染調査のメリットなどを学ぶ

土地を利用する際、その土地が汚染されている土地だと困ります。汚染された土地をそのまま使うと、様々なリスクがあります。後から困ることの無いよう、リスクや土壌汚染調査のメリットを見てみましょう。

READ MORE

土壌汚染対策の対策施行TOP5

no.1

掘削除去

新たに土壌を埋め直すために、汚染された土地を掘削し除去する方法です。丸ごと土壌を入れ替えると言ったらわかりやすいですね。ほとんどの有害物質に対応でき、短期間でできるので最も使われています。

no.2

不溶化

キレート剤などの薬剤を汚染土壌に混ぜ込み、重金属類を不溶化する方法です。不溶化とは、溶けにくく固形化することですが、害の発生や、物質が拡散してしまうのを防ぎます。掘削除去より安く施工できるので、上位に入りました。

no.3

バイオレメディエーション

油汚染した土壌を浄化するために、微生物を使って油を分解します。ランドファーミングという方法では、汚染土壌を別の場所で広げ、バイオ薬剤や水を足してから撹拌することで、微生物が分解活動するのを促します。

no.4

土壌分解

土の粒子が細かいほど汚染濃度が高くなるので、細かな粒子の土壌と粗い粒子の土壌に分離します。安全な粗粒子の土壌はそのまま埋め戻します。汚染された土壌は処理施設で処分するのが一般的です。

no.5

揚水工法

地下水に溶け出してしまった有害物質を浄化するために、汚染された地下水を揚水する方法です。直接、汚染物質を除去できるだけでなく、汚染が拡大するのも防ぎます。

土壌汚染の怖さは健康被害だけじゃない【土壌汚染調査のススメ】

男女

土壌汚染が体に及ぼす影響

脳や心臓などの臓器に障害が起きる可能性の他、胎児への影響、皮膚などへの強い刺激などが懸念されています。これはその土地を利用する人だけでなく、近隣住民にも影響を及ぼす可能性があるので、早急に対処するべきでしょう。

汚染されたら元に戻らない

土壌汚染は、一度汚染されてしまうと元に戻ることはありません。水などのように流れることもないので、自然に綺麗になることはありえないのです。そのため、汚染されていることが分かったら、他の土と入れ替えたり、被害が拡大しないように隔離する必要があるのです。

見た目で判断できない

見た目ですぐわかればいいのですが、汚染されているのか見た目だけでは分かりにくいのです。そのため、対策が遅れがちになってしまうこともあります。後々トラブルにならないためにも、早めに土壌汚染調査を行う方がいいですね。

新着情報

広告募集中