REACH分析のことを徹底解明!適用範囲などを知っておこう

REACH分析のことを徹底解明!適用範囲などを知っておこう

男性

REACH分析のREACHとは

EUが2007年に発行した、化学物質規制法のことを言います。人の健康や環境の保護、化学産業における競争力を維持・向上させるために制定されました。製造輸入量が年間で1トンを超える科学物資質は届け出る必要があります。

SVHCの取り扱い

REACHでは、SVHC(高懸念物質)の取り扱いが特徴的です。使用や市場に出す際には認可が必要です。含有濃度によっては、情報提供の義務があります。現在、SVHCリストには1500種載っていると言われています。

分析料金

REACH分析では、SVHCの種類や調査する物質の数に応じて値段が変動します。6万円弱~34万円程度の間で変動するのが一般的でしょう。どこまで調べるのか、何を調べる必要があるのか見極めて、調査依頼した方がいいですね。

REACH規制の適用範囲

REACH規制で適用されるものは、物質や調剤、中間体、ポリマーなどがあります。調剤の場合、調剤そのものの登録は不要です。しかし、調剤に含まれる物質が登録対象となるので、気を付けましょう。

適用除外になるケース

物質はREACH規制の対象になりますが、法律で規制を受けていたりすると、全てもしくは一定の範囲内で、除外されるものがあります。また、登録済みとみなされるものもあるので、事前に確認しておきましょう。

REACHに関するみんなの疑問

登録って何?

製造。輸入をする事業者は、登録期限内に欧州化学品庁へ、化学物質の関する技術書類一式を提出する必要があります。定められた期限内に提出できるように準備しておきましょう。

登録の時期って?

登録時期は年間の製造・輸入量に応じて設定されています。1トン以上~100トン未満の数量であれば、2018年の5月までが登録期限となっています。登録していないのであれば、早めに行いましょう。

化学物質管理との違いは?

現在ある法規制では、国や公的機関が化学物質の安全に対しての問題を特定し対象します。REACHでは産業界に対して、化学物質によるリスク評価を実施することと、安全に使用するように責任を持つことを求めています。

新着情報

広告募集中